ゼニアの道

エルメネジルド ゼニア グループ
エルメネジルド ゼニア グループが今後もたどり続ける道、その原点は1910年までさかのぼります。創業者のエルメネジルド・ゼニアが110年以上前に北イタリア・ピエモンテに開いた232号線の道路を、私たちは今も情熱をもって実際にたどっています。この道が敷かれた当時、この地は岩だらけの荒地に過ぎませんでした。しかし、ひとりの男にとって、未来への揺るぎない夢の舞台だったのです。アイデアと理念、未来へのファブリックでできた、エルメネジルドの道。この道は、私たちの道筋を定め、私たちにインスピレーションを与えてくれます。私たちのあらゆる取り組みには、彼の信念が反映されたこの道が織り込まれています。この道は、私たちゼニアの「明日への道」です。

私たちの創業者であるエルメネジルドは、イタリア屈指の成功を収めたファミリー企業を設立しただけではなく、その過程において自社の羊毛工場の周辺にコミュニティを形成しました。また、100km2にわたって広がるオアジ ゼニア自然保護区に植林を施し、かつては荒れ果てていた山の中腹に環境保護とサステナビリティのレガシーを築き上げました。彼は、新しいタイプの倫理的な起業家像と社会還元の精神を確立したのです。 それ以来、エルメネジルドが切り開いた道は、私たちグループの責任ある成長の道しるべとなり、グループは優れたウールファブリックの生産者からグローバルなラグジュアリーグループへと日々堅調に成長してきました。現在グループはゼニアとトム ブラウンの両ブランドを擁し、また、他の追随を許さないテキスタイル生産部門であるラグジュアリー・テキスタイル・ラボラトリー・プラットフォームを構え、Cappellificio Cervo(カッペリフィーチョ・チェルヴォ)をはじめとするイタリア国内の貴重な職人技を有する工場を維持することで最高のイタリア製ファブリックを盛り立てています。
ゼニアの道は、エルメネジルド ゼニア グループの力強いシンボルです。この道はグループの歴史とミッションを体現しており、進歩的な発想と密接な関係にあります。 この道はいつも前に向かって開けており、理想とするにふさわしい未来を形作りながら、後に続く者たちへの足跡を残してくれます。そうすることで、共通したマインドセットのもと、私たちのコミュニティというものが可能になるのです。CEOジルド・ゼニアの指揮のもと、ゼニアブランドではラグジュアリーメンズウェアとアクセサリーを、トム ブラウンブランドではレディースウェア、メンズウェアとアクセサリーを、グループとしてデザイン・制作・販売しています。
ジルド・ゼニア、 エルメネジルド ゼニア グループ CEO
"「私たちの道は、ひとりの男のビジョンと理想から始まりました。その男とは、私の祖父です。彼はアイデアをファブリックに変え、森とコミュニティ、さらには新しいライフスタイルを紡ぎ出しました。 彼の道のりにならい、私たちは『ゼニアの明日への道』を邁進していきます”,
創業者エルメネジルドのミッションは、最高の品質を備えた美しいものを、責任あるアプローチで生産する、というもの。このミッションは、先見の明のある起業家としての手腕とともに、世代から世代へと受け継がれてきました。ゼニアではこうした考えのもと、秀逸なファブリック、完璧なアパレル、非凡なアクセサリーが織りなす、独自のエコシステムを維持しています。
Our Road to Tomorrow
エルメネジルド ゼニア グループでは、イノベーションと信念が、シームレスに交わります。この活気に満ちた集団では優れた人材を基本的な強みとし、事業活動で環境にダメージを与えてはならないという理念に基づいて事業を進めています。そうすることで、現代のリズムに合わせて前に進むライフスタイルを創造しつつ、よりよい現在と未来へ向けた自然界との絆を育むことを目指します。垂直統合され、活動を広げ続ける当グループの基本は、大胆なビジョンとイノベーションの探求です。これらの基本に則って、価値としての美しさを高めています。美の文化へ取り組むことは、知識や、結びつきや信頼という社会資本を奨励することです。また、シンボルや認識性といった象徴的資本を促進することでもあります。ゼニア グループにとって「美」とは、新しい考え方を生み出し、つながりと対話を生み出し、国内外で共有される価値を創出するための手段です。美とはこの道、つまりゼニアの「明日への道」を進むための、究極のエネルギーなのです。