エルメネジルド ゼニアのグローバル本社

ミラノのデザイン地区の中心にあるエルメネジルド ゼニアグローバル本社にはZegna Groupの戦略推進と主要プロジェクトの活動支援の中心となるリーダーシップチームが置かれています。ここでは,中心となる機能がある場所としてコレクションのデザインと開発が行われ、またバイヤーや社外顧客に提示されます。

著名な建築家であるAntonio Citterio and Partnersが設計し、2007年に開設された8,000平方メートルの建物は、当社の革新的精神を具現化しています。名高いエリアにある最先端の施設は、そこで働く人々のウェルビーイングを重視してデザインされています。

Via Savoraから本社へアクセスすると、ガラス枠の入り口にはOasi Zegnaを思い起こさせる秘密の庭園があり、創設者であるエルメネジルド ゼニアのグリーンの精神に敬意を表しています。彼は、自然環境の美しさと人々のウェルビーイングが彼の追求する製品の品質に不可欠のものであると考えていました。ガラスの空中通路とスチール桁の橋が建物のスペースを繋ぎ、一世紀の歴史をもつLanificio Zegna橋の結び目となっています。来訪者は、原料であるウールが紡がれ、染められ、さらに最高級のイタリアのファブリックに織り込まれるプロセスを見ることができます。不朽の慈善的価値観を基にした600平方メートルのショールームは、文化的イニシアチブのセンターであると共にコレクションの展示場として利用されています。

ミラノの本社に加え、当社の中心となる機能はスイスのスタビオ、イギリスのロンドンのオフィスにも存在します。眼を見張るアールヌーボーの建物内にあるスタビオのオフィスは金融、IT、顧客サービス、リテールオペレーションなどのコーポレート機能を担当します。マーケティングチームの一部はロンドンにもあり、ミラノの対応するチームと共に当社の戦略とコンテンツ制作を担当します。

オフィスの所在地

主なオフィスの所在地とショールーム:

イタリア

ミラノ | via Savona 56 | +39 02 422091

スイス

スタビオ | via Ligornetto 13 | +41 916414600

イギリス

ロンドン | Second Home, Britannia House, 45-47 Clerkenwell Green, EC 1R 0EB

数字で見る
Zegnaのグローバル本社は当社の中核であり、垂直統合型のチームを結合し、円滑な運営を期します。
500+

総従業員数

3

オフィスの所在地

「ビジネスの複雑さは、クリエイティブな思考を要求します。」

エルメネジルド ゼニアのグローバル本社におけるチーム
グローバル本社は様々なタイプの個人、能力、活動を一つにまとめ、それらが一丸となってブランドのDNAのあらゆる面を創造、設計、計画、調整、提供、伝達します。
デザインと計画と開発
生産とサービス
マーケティングと顧客体験
販売とリテール
管理とサポート

本社のハイライト

道のりのあらゆる段階で学ぶ
Zegnaでは、誰もがプロとしての、またリーダーシップのスキルを伸ばし、強化するための、学習と卓越性への独自の道のりを見つける機会を与えられるべきだと考えます。知識を伸ばし、スキルを高め、価値観を強化する機会を通じて「道のりのあらゆる段階で学ぶ」継続的な能力開発を支援するのはこうした理由によるものです。

当社の「ハンズ・オン、マインズ・オン、ハート・オン」の学習イニシアチブはキャリアパスと潜在能力の相乗効果を生みます。多くのイニシアチブはグローカルなアプローチにより中央で統括され、世界中の社員が関与しています。たとえば、リテールチームは国際的な学会との交流に関与し、それを通じてZegnaの文化的DNAと価値観を紹介し、直接の経験を提供し、顧客に対するアンバサダースキルを強化するベストプラクティスを共有します。

私たちはまた、この「ハンズ・オン、マインズ・オン、ハート・オン」学習を当社のコミュニティにおいて奨励します。エルメネジルド ゼニアの創設者の奨学金制度は不朽の社会的責任への意識を継続させるものです。年間100万ユーロを才能あるイタリアの大卒者に寄付し、大学院での研究や世界中の主要学術機関での研究を続けられるようにするという25年プロジェクトは2014年に設立されました。こうした個人が身につけた貴重なノウハウと体験は、帰国時にイタリアにもたらされ、当社コミュニティの未来の発展に寄与することになります。
社員を讃える
Zegnaでは、コレクションの一つひとつに卓越性と品質を浸透させます。また、それらを日々の社員の体験の中に植え付けることも目指しています。そのため当社では、業績と、達成した重要なマイルストンの双方において社員の功績を讃えるための機会を設けています。あらゆる決定の中心に顧客の満足と忠誠心を置いたハイパフォーマンスカルチャーを構築し、さらに社員全員が目的意識をもち、サポートされていると感じ、情熱を思いのまま発揮できる機会を持てるように尽力します。
一つのすばらしいチーム

当社は世界全体に広がっていますが、一つのすばらしいチームとして協働します。各社員が組織全体の創造性、情熱、忍耐強さに貢献します。執行チームからアーティスティック ディレクターとデザイナー、製品の制作者から顧客にそれを提示する者まで。個々のおかげで当社は革新し、他とは違ったやり方で物事を行うことができます。このことは、製品とイベント、また互いのコミュニケーションの仕方や仕事の仕方にも表現されています。
より良い明日を築く:ZEGNAの森
自然との恋に陥り、その故郷に深く根ざした創始者のErmenegildo Zegnaは、1930年代にすばらしい環境再生プログラムを開始しました。この「グリーン思考」の一環として、彼はウール工場の周囲の山に500,000本の針葉樹を植林しました。これは最終的にOasi Zegnaとなりました。

グループの100周年を祝賀して2010年に開始されたZegna Baby Forest(赤ちゃんの森)はこの伝統を引き継ぐものです。社員の一人に閃いたこのプログラムは、世界中のZegna Groupの社員に生まれた赤ちゃん一人につき一本の木を植樹するというものです。過去10年間に1000本以上の木がOasi Zegnaの専用エリアに植林されました。これは自然と未来の世代に対する当社の取り組みを具体的な形で実践するものです。

この取り組みはZegna Forestの開始により、2020年6月にさらに深化しました。「グリーン思考」はさらに引き継がれ、プログラムはZegnaの社員および世界中の市民に、Oasi Zegna内の植林のために寄付する機会を与えています。木々が森を形成するように、コミュニティーの一員である私たち個々人の行動の集大成として効果を生み出します。一人ひとりが環境を守るために何かしら実行することができます。そして真に違いをもたらすには、皆の力を合わせる必要があるのです。
より良い明日を創る:持続可能なアプローチ
土地と人々に対する深い敬愛の念はZegna Groupのビジョンの中心に常にあるものです。当社の創始者は先駆者でした。彼は世界をより良い場所にするために土地への還元を行い始め、未来の世代のために質の高い生活を保全しようと努めました。今日、彼の夢は、持続可能で共に実現すべき未来への鋳型になっています。

Zegnaでは、サプライチェーンを通じて、ゼロ廃棄物への取り組みを現実化するための大改革をもたらすプロセスと革新的な新技術において、一部これを実行しています。また、これは社員の日々の行動を通じても実現されています。当社は、グループの数多くの持続可能性のイニシアチブと、オンラインコミュニティを通じて、環境への影響を軽減するための実用的な解決策に関する情報を社員に提供しています。これには紙と使い捨てプラスチックの消費を削減することからスタートした旗艦イニシアチブである、Heroes for Zeroなどが挙げられます。当社の集団的意識と責任感が深まるにつれ、Heroes for Zeroが引き続き進化することで、一層持続可能なものとなるでしょう。
一丸となる:ZEGNAスノーデイ

共に時間を過ごし、楽しむ時を見つけることは、仕事に専心する情熱を生みます。イタリアとスイスのオフィスでは、子供の日やスポーツ活動など社員と家族向けイベントを定期的に催します。これにより参加型のダイナミックなコミュニティが育まれます。そのようなイベントの一つに、イタリアのピエモンテにある、Oasi Zegnaの一部であるローカルなスキー行楽地、ベルモンテでのスノーデーがあります。スノーデーには社員は家族と一緒にスキーを一日楽しみ、その他の特別な催し物に参加することができます。お互いをもっとよく知ると同時に、美しい眺めと地元の産物を楽しむ機会でもあります。