テキスタイル

ビキューナ

ビキューナの自然生息地である南米では、ビキューナの毛は「神の繊維」と呼ばれています。1200年頃に始まったインカ文明では、ビキューナの織物は王が独占しており、季節ごとの刈り取りは、コミュニティ全体が参加する儀式でした。しかし、1400年代末から始まったスペインによる南米の植民地化の後、ビキューナは極めて過剰な乱獲により、1965年までに総生息数はわずか5,000頭にまで減少しました。
これまで、エルメネジルド ゼニア グループは、ペルー政府と共に国際ビキューナ協会と協力し、この希少動物の保護を行ってきました。同協会は、密猟からの動物保護活動で得る収入に合法的に頼っている現地コミュニティを支援することによって、市場にビキューナ繊維を復活させる栄誉を与えられたのです。ビキューナの畜産家や畜産家が所有する家畜のための水道施設の開発も含め、ゼニア グループがこれまでに取り組んできた慈善活動によって、これらの種は絶滅から救われました。
テキスタイル

テキスタイルで見るゼニアの世界