テキスタイル

カシミア

創業者から受け継いだ糸の伝統を尊重し、ゼニアは、内モンゴル自治区で最も名声が高いカシミア生産者と親密な関係を育んできました。均一な繊維からつくられる丈夫なファインファブリックは、型崩れを起こさず、暖かさは圧倒的。カシミアが世界最高級の原材料の一つであり、最上級の柔らかさをもっているのは、その賜物です。
カシミアは、とりわけ希少で貴重な繊維です。事実、世界の年間カシミア生産量はわずか500万キログラムしかありません。ふわふわと柔らかい繊維は、カシミア山羊(ヒマラヤのカシミール地方原産の種群)に生える産毛から織られるものです。カシミア山羊は、極めて厳しい環境下で暖かさを保つために、この長く細い産毛を生やします。カシミア山羊が生息する高地の厳しい寒さを考えると、内モンゴルのカシミアは特に貴重です。この地域のカシミアの品質が非常に優れているのは、繊維の細さ(14~15マイクロン)、長さ、均一性ゆえであり、手触りが柔らかいからです。
寒さから身を守るために、カシミア山羊は2種類の毛で身体を覆っています。一つは外側のしっかりとした毛、もう一つは肌に近い部分に生えている、短くて細く、保温性に優れた柔毛で構成されています。春の季節に、羊飼いが長い歯をもつ特殊なクシを使って原毛を手作業で集めます。2種類の毛の繊維を分離させ、保温性に優れた柔毛のだけが本物のカシミアになるのです。
テキスタイル

テキスタイルで見るゼニアの世界